倉敷美観地区のデニムショップHEARTMADEBASEと倉敷児島本店のジーンズショップです。児島DENIM FACTORYは工場見学も可能です。ジーンズの製造メーカーであるグラフゼロ直営店です。

GZ-DTRJK-2911 デニムテーラードジャケット ストライプ

GZ-DTRJK-2911 デニムテーラードジャケット ストライプ

33,000円(税込)

XS
S33,000円(税込)
在庫なし
M
L
XL33,000円(税込)
在庫なし
サイズ
購入数

商品説明
  クラシカルな雰囲気と取り入れているため、前裾がラウンドしており独特のラインがポイントです。
また、前身のヨークと身頃の地の目を変えることで生まれたスリットポケットがこのジャケットの魅力でもあります。
前身と後ろ身は身体にフィットするデザインで、襟を立て、襟裏のボタンを留め、一番下のボタンを外すとAラインで、また違った着こなしも楽しめます。

袖のボタンも3つボタンで留めていますが、一折してもよいです。ボタンは水牛の角を使用しています。

シルエットはタイトすぎずルーズすぎず、ややタイト目のパンツから太目のパンツまで、きれい目のものからワークパンツまで幅広いコーデが楽しめます。
ジャストで着ていただくと、なおいいと思います。

シャツやベストを着てもバランス良く、クラシカルな雰囲気やラフに羽織るだけでもかっこよく、非常に着回ししやすいアイテムとなっています。

生地は、日本国内では1社でしか織ることのできない、チェックとストライプの12ozセルビッチへリンボンデニム。生地の裏側を見ると、柄部分はへリンボン織り。

セルビッチデニムとは、昔の旧式織機を使って織られたデニム生地のことで、生地の両端に「セルビッチ」あるいは「耳」と呼ばれる部分ができるのが特徴。こちらのベストでは、セルビッチの耳を胸ポケットと腰ポケットの内側にデザインとして生かしています。
柄の濃いインディゴ部分には、ロープ染色が施された糸を使用しています。ロープ染色とは、デニム生地に使用する糸の一般的な染色方法のことで、ロープ状に束ねた糸をインディゴ染料の槽に複数回浸して染められます。ロープ染色で染められた糸は、糸の芯までは染まっていないのが特徴。ジーンズ同様、着こむほどに糸の白い部分がじょじょに現れ、経年変化が楽しめます。

淡いインディゴ部分は、硫化染料とインディゴ染料のかせ染め(枷染め)を施した糸を使用。かせ染めとは、伝統的な染色技法の1つで、染料を入れた枷壺(かせつぼ)に束にした糸を何度も浸しては乾かし、糸の芯までしっかりと染め上げるのが特徴。ロープ染色とは異なり、ゆっくりと退色していくように変化が楽しめます。


ユニセックスのサイズ展開です。
MATERIAL
  cotton 100%
COLOR
  インディゴ
DETAIL
  12ozセルビッチデニム/ストライプ/へリンボン/セルビッチへリンボン/水牛角製ボタン/切り替えポケット
サイズ XS S M L XL
肩幅(cm) 40 42 43 45.5 47
着丈(cm) 67.5 71 73 75 77
身幅(cm) 49 51 53 56 59
袖丈(cm) 57 60 61 62 63


Model:l 180cm/65kg  
着用サイズ:L

レビューはありません。

サイズ
XS
S33,000円(税込)
在庫なし
M
L
XL33,000円(税込)
在庫なし