DenimFactory&Shop-graphzero-倉敷美観地区本店と倉敷児島本社にショップと工場をもつデニムメーカーです。ゼロからのモノづくりにこだわるグラフゼロオフィシャルショッピングサイト

GZ-SPHAT20-003 PLAY HARD CAP(SO PHAT.)

GZ-SPHAT20-003 PLAY HARD CAP

7,480円(税込)

在庫状況  残り7です

 PQID
M
L
サイズ
カラー
購入数


SO PHATのテーマ
『WORK HARD,PLAY HARD』からネーミングしたキャップです。

PHAT
スラングで『 pretty hot and tempting 』 の略。
「とても良い」 「素晴らしい」 「格好いい」 「いかした」 「粋な」 という意味。

SO
主観的な意味での『 とても 』を指し、さらに上のレベルを表す。
付け加えて、 日曜日をドイツ語で 『 Sontag 』といい、略語で『 So 』と表す。
身に付けた人が日曜日の楽しい気分になれるように。

SO PHAT.
『 めっちゃかっこいいね! 超イケてるね! 』
手にとった時にそう言ってもらえることを目指した物作りへの思いを込めている。

CONCEPT
『 NO CASUAL WORK STYLE 』


OUTDOORやD.I.YもSTYLISHにENJOYしたい。
一つ上のWORK STYLEを好む人たちへ向けたCASUAL だけど CASUALじゃない。
『 NO CASUAL WORK STYLE 』がCONCEPT。

素材や生地へのこだわりはもちろん、
さりげないデザイン性や機能性に富んだWORK ITEMを提案。

商品説明
  ブリムとクラウン部分を別生地で作成した6パネルのベースボールキャップ。

ブリムにはインディゴ糸を二重織りした刺し子生地を使用。
クラウンにはピケとインディゴの2パターン。
生地はピケとインディゴの2パターン。

ピケは、デニムの組織を変形させた凸凹の畝りあるピケ生地を使用。
20’s〜30’sを漂わせるウールストライプの雰囲気をデニムで再現しました。

インディゴは、1940年代のアメリカ労働者たちを支えていた凸凹のある表情豊かなオールドネップ混を再現した1940年代特有の淡いデニム生地。

ネップ糸を織り混ぜ、緯糸にグレーに染め上げたネップデニム。
ネップとは糸を作る際に均一に揃えるコーミングと呼ばれる工程で出来る節のことで、さまざまな条件の天然素材を合わせた時にどうしてもできてしまう不均一な部分のことなのですが、
それをあえて天然素材の風合として表現したデニムを使用することでアイテム自体にヴィンテージらしさの雰囲気を醸し出すように作成しました。

SO PHATのテーマ
『WORK HARD,PLAY HARD』からネーミングしたキャップです。
DETAIL
  40‘s/オールド/ネップ/デニム /右綾/ワンウォッシュ/ピケ/ストライプ/ベースボール/
野球帽/ワーク/ヴィンテージ/ワークウェア/
MATERIAL
  cotton 100%
COLOR
  ID / PQ
サイズ  M(57僉
 L(60僉

レビューはありません。

サイズ
カラー
 PQID
M
L