倉敷美観地区のデニムショップHEARTMADEBASEと倉敷児島本店のジーンズショップです。児島デニム(ジーンズ)ファクトリーは工場見学も可能です。児島ジーンズの製造メーカーであるグラフゼロ直営店です。

GZ-AOR-3003 アルティザンオーバーオール XXL

GZ-AOR-3003 アルティザンオーバーオール XXL

29,300円(税込)

在庫状況  残り3です

ナナコ
インディゴ
カラー
購入数

商品説明
   こちらのページはXXL専用ページです。
  1940年代後半からアメリカの高度成長期にアメリカの国を背負っていたリアルワーカーたちが着用していたオーバーオールをブラッシュアップしたかのようなつくり。

その中でも現場を仕切っている親方、主任などにスポットをあてたイメージのもと実在したヴィンテージを元に製作した職人魂のオーバーオールが登場です!!!

1940年代の某ワークメーカーのレアなヴィンテージを基調にした1着をベースにgraphzeroテイストにアレンジを加えています。

大型のフロントのビブ(前たて)に台形の左右が繋がったペン差し付きのポケット、吊りボタンの補強も台形。

フロントのダブルニーはアウトシームと一緒に巻き縫いされており個々の部分だけで6枚の厚みでしかもトリプルステッチで仕上げています。

左右のツールポケットにハンマーループと見た目に気がつくリベットはこの時代とこの元になったブランドを代表するUFOリベットで各所補強、
そしてエプロン付きでダブルニーとビブの間には左右非対称のパッチポケットが付き機能面と当時のディティールを理解し活かしつつ、エッセンスも加えた完成度の高い1本です。



ナナコのほうは、オーバーオールでは珍しさのある刺し子地で製作。
生地は刺し子の様な雰囲気が楽しめる斜子織りデニムになります。

斜子織りは、「七子織」、「並子織」、「魚子織」とも呼ばれており、
これには、二本ないし数本ずつ引きそろえて並べた経糸に、同じ本数の緯糸
を打ち込んで織った「正則斜子織(=平織組織を経、緯に拡大したもの)」、

平織、畝織、斜子織を組み合わせた「変化斜子織」、経畝織と緯畝織とを向い
合わせに組み合わせた「向斜子織(むかいななこおり)」、組織を丈夫にした
「接結斜子織」などがあります。主に帯地や羽織地などに用いられます。

graphzeroではそれをデニムに置き換えて製作しました。
経糸が45度の間隔で1本ずつ刺し子みたく表面に出ているのが特徴です。
通常のデニムよりも早い経年変化が楽しめるどこか懐かしい日本らしさのある生地です。
インディゴは、コーディネートしやすい風合いです。

全体的にゆったりとしたシルエットになっており、昔ながらのワークテイストが楽しめます。
ジージャンやカバーオールと合わせるとよりアメカジらしさがプラスされます!!

オーバーオールはクセがありそうですが、普段のジーンズの代わりに
穿くだけで、いつもと違うカッコイイ雰囲気がより一層楽しめるのもポイントです!!



MATERIAL
  cotton 100%
COLOR
  ナナコ・インディゴの2色
DETAIL
  40‘s/オールド/ネップ/デニム /右綾/ワンウォッシュ/真鍮製ボタン/
エプロン/オーバーオール/ダブルニー/ハンマーループ/ツールポケット/
ワーク/ヴィンテージ/30’s/40‘s/職人/ワークウェア
サイズ XXL
ウエスト(cm) 105
ヒップ(cm) 132
ワタリ(cm) 41
股上(cm) 41
股下(cm) 87 
裾幅(cm) 27.5

レビューはありません。

カラー
ナナコ
インディゴ